ネイチューブ

虫取りする小学生よりも虫食う大人の方が偉い

釣りするよりも釣り餌を食べる方がタイパがいい??ウジ虫を食べてみよう!!

どうも!ネイチューブです!

 

近年、我々Z世代を中心に「タイパ」という価値観が普及しています。

タイパとはタイムパフォーマンスの略語で、時間を効果的に使おうという考え方です。

相方は釣りが好きなんですけど、タイパという観点から見た時には釣りは非常にタイパが悪く、ナンセンスな趣味だといえます。

釣れるかもわからない魚を狙って釣りをするくらいなら釣り餌を食った方がタイパが良いですよね。

ということで今回はウジ虫を食べていきたいと思います!

 

記事を動画で楽しみたい方はこちら↓


www.youtube.com

 

下処理

釣具店でウジ虫(サシ)を購入してきました。

1袋で約200円と非常にコスパが悪いですね。

紅サシはとても食材とは思えない強烈な赤色をしていますが、食紅で染められているようなので食べても問題はなさそうです。

 

売られている幼虫系は木屑を分けるという地獄の作業が必要です。

ザルではうまく取りきれないので最終的には人力で1匹ずつ分けていく必要があります。

絶望的にタイパが悪いことに気がついてしまいました。

 

他の作戦を色々考えてはみるものの・・・

どれもうまくいかず・・・

特に作戦④の息で飛ばす作戦は最悪でした。

 

ということで木屑も一緒に食べることにします。

タイパを重視するには諦めも肝心ということです。

 

調理

2時間ほどウジ虫と格闘したところで調理を開始していきます。

 

まずは茹でていきましょう。

一瞬にしてお湯が赤色に染まりました。

色もすごいですが香りもすごい。

檜のような香り(おそらく木屑の香り)がします。

まるで入浴剤です。

 

しばらく茹でていると、檜のような香りにウジ虫の茹でられた臭いが混じってきました。

硫黄系のような香りが温泉を彷彿とさせます。

これが結構臭い。

檜と硫黄の香りとくれば、温泉を彷彿とさせて悪い気はしないかもしれませんが、これが未知の食材から香るとすれば話は別です。

 

茹でるとウジ虫がピンと伸びて米のような見た目になります。

食紅もある程度落ちて安心して食べられそうです。

 

ミキサーでペーストにしていきます。

ちなみにこの段階で匂いを嗅いでみるとほんのりと甘い匂いを感じられます。

鮭ほぐしの匂いに近いかもしれません。

さっきまで異臭を発していたのに不思議ですね。

 

ミルワームペーストを濾していきます。

この作業により木屑の食感をダイレクトに受けることは回避できました。

 

ここにコンソメ、生クリーム、バター、小麦粉を追加して弱火に掛けていきます。

 

実食

ウジ虫ポタージュの完成です!

中央に添えたウジ虫がなければウジ虫のポタージュだとバレることはなさそうです。

 

食べてみると・・・

うまい!!!シチューだ!!

 

おわりに

ウジ虫の味はよくわかりませんでした。

 

 

ネイチューブのおすすめ動画はこちら↓


www.youtube.com

カマキリの卵を食べてみた結果・・・

どうも!ネイチューブです!

 

世界で1番美味しい食べ物と言えば卵かけご飯ですが、スーパーで売られているたまごは、世界的なエサ代の高騰や鳥インフルエンザの流行により、品薄や価格高騰に陥ってしまうことも珍しくありません。

そこで僕は思いつきました。「にわとりの卵がなければカマキリの卵を食べればいいじゃない」と。

ということで今回はカマキリの卵を食べていきたいと思います。

 

記事を動画で楽しみたい方はこちら↓


www.youtube.com

 

採取

カマキリの卵を探していきますがこれがなかなか見つからない。

やっと見つかったと思っても小さい上になかなか取れない・・・

 

やむを得ず相方の持っていた鍵でカマキリの卵を引き剥がしていきます。

 

木の上の方にあるものも見逃さずにしっかりと採取していきます。

調理

今回は卵かけご飯にするのでお米を炊いておきます。

 

カマキリの卵は茹でと素揚げにしていきます。

浮いてしまって火がきちんと通るのか不安です。

 

実食

カマキリの卵かけご飯の完成です。

 

まずは茹でたカマキリの卵を食べてみましょう。

硬すぎて中の卵に辿り着きません。

味もしない・・

食感としてはティッシュを食べた時に似ています。

 

揚げたカマキリの卵は完全に油を吸ったティッシュです。

いや、ティッシュの方がまだおいしいかもしれません。

皆さんもご経験があるかとは思いますが、ティッシュなどの紙は基本的に本気を出せば口の中で溶けていきます。

しかしこのカマキリの卵は口の中で唾液を弾き続ける。

いつまでもフレッシュなティッシュの食感を提供してくれます。

 

ということでティッシュと食べ比べてみます。

当然のようにこちらも硬い・・・

とはいえ、やはりティッシュの方がまだいいかもしれません。

ティッシュは角がないので飲み込みやすいですが、カマキリの卵はずっとトゲトゲしているので飲み込むのも一苦労です。

 

 

おわりに

カマキリの卵を卵かけご飯にするのはおすすめしません。

 

 

ネイチューブのおすすめ動画はこちら↓


www.youtube.com

 

【閲覧注意】ゴキブリを食べてみる

どうも!ネイチューブです!

 

ゴキブリに苦手意識を持たれる方は多いのではないかと思います。

とはいえ食わず嫌いはいけませんよね。

ということで今回はゴキブリを食べてみようと思います。

 

記事を動画で楽しみたい方はこちら↓


www.youtube.com

 

下準備

まずはゴキブリをボウルに移していきます。

※本記事にはゴキブリの画像が頻繁に出てくるため、ゴキブリが苦手な方はご注意ください。

 

ゴキブリとの友好関係を築くことも忘れません。

 

マッチョにこの作業をさせるとこうなります。

マッチョの天敵はゴキブリなのかもしれません。

ジムにゴキブリを放ったら大変なことになりそうですね。

 

ちなみに今回のラインナップはこんな感じです

 

小1時間ほどゴキブリと格闘してようやく全てのゴキブリをボウルに移すことができました。

調理中に脱走されても困るので冷凍していきます。

冷凍してから仕分ければよかった・・・

 

本調理

今回は初めてゴキブリを食べるということもあり、素材の味を楽しみたいのでシンプルに茹でと素揚げにしていきます。

 

揚げているとゴキブリのお尻から白い物体がニュルッと出てきました。

これは一体・・・

 

魚の浮袋みたいです。

 

茹ででは特別匂いは感じられませんでしたが、素揚げの方はチーズのようないい匂い我します。

食材としてのポテンシャルを感じさせてくれますね。

 

実食

盛り付けて調味料も添えてあげれば・・・

ゴキブリ食べ比べセットの完成です。

いざ食べるとなるとなんだか血の気が引いてきました。

怖いので先に相方に食べさせます。

 

レッドローチは「無味」だそうです。

僕も食べてみましたが、ほんのりカワエビの殻のような甘さを感じられます。

これならカワエビの素揚げを食べる方がいいですね。

 

続いてはマダラゴキブリ

相方いわくこちらも「無味」

僕も食べてみるとナッツのようなコクと甘さを感じられます。

相方の味覚は終わっています。

 

最後にデュビアをいただきます。

おそらくチーズの匂いを発していたのはデュビア。

気になるお味は・・・

 

ゴキブリの内臓に舌が触れた瞬間ピリピリします。

おそらく生だったのでしょう・・・

怖いのでレンチンして再チャレンジ。

部屋にチーズ臭(ゴキブリ臭)が充満します。

結構濃いめのチーズの匂いです。

 

改めて食べてみると普通においしい。

ゴキブリは生食には向かないということがわかりましたね。

いい勉強になりました。

 

 

ネイチューブのおすすめ動画はこちら↓


www.youtube.com

フナムシをおしゃれに料理して食べてみた【映える昆虫食】

どうも!ネイチューブです!

 

皆さんはフナムシにどのようなイメージをお持ちでしょうか?

その見た目や動き、そして食性から「気持ちの悪い海のゴキブリ」と認識している方も多いのではないでしょうか。

しかしフナムシは甲殻類で皆さんがよく食べているエビやカニの仲間でもあります。

エビやカニはおしゃれで映える料理にしてもらえるのにフナムシは気持ち悪がられてしまうなんて可哀想ですよね。

ということで今回はフナムシをおしゃれで映える料理にしてあげたいと思います。

 

記事を動画で楽しみたい方はこちら↓


www.youtube.com

 

採取

食材を取りに夜の海へやってきました。

壁一面にフナムシが張り付いています。

 

捕まえてジップロックに入れるとめちゃくちゃ暴れます。

鮮度がいい証拠ですね。

やはり食材は自分で取るに限ります。

 

思ったよりも素早くなく、素手でも簡単に集めることができました。

 

調理

虫?を食べるときはきちんと加熱しましょう。

アク?がかなり気になりますね。

 

ちなみにフナムシは雑食なので動物の死骸を食べることもあり、スカベンジャーと呼ばれています。

直前まで何を食べているのかわからないので食べることはおすすめできません。

どうしても食べるというのであればせめて糞出しくらいはしておきましょう。

※僕たちは糞出しするのを忘れてしまいました。

 

今回はシュリンプカクテルならぬフナムシカクテルを作るので、フナムシを茹でている間にカクテルソースを作っていきます。

画像はケチャップ、西洋わさび、タバスコ、レモン果汁、塩を混ぜて作るカクテルソースですが、こちらはフナムシとの相性が壊滅的に悪かったので作らないことをおすすめします。

 

続いてマスタード、マヨネーズ、はちみつでソースを作っていきます。

 

実食

あとは盛り付けて完成です。

・・・映えている!!!

自分の才能が怖いです。

僕はゲテモノを映えさせるために生まれてきたのではないでしょうか。

 

さっそくいただいていきます。

赤いソースに付けて食べてみると・・・

草っぽい味がする・・・?

カメムシっぽい臭いも若干ある・・・

 

試しにソースなしで食べてみます。

いける・・・・

普通においしいです。

草っぽい味もカメムシのような悪臭も感じません。

 

フナムシと赤いカクテルソースの何らかの成分が反応して新たな味が生成されているようです。

怖い・・・

誰かが解明してくれることを祈ります。

 

マヨネーズベースの白いソースに付けてみると・・・

うまい!!

ただ、このソースを付けるのであれば素揚げの方がマッチした気がします。

茹でたことでフナムシを噛むたびに水が出てきて少し不快です。

フナムシはやっぱり揚げ一択ですね。

 

おわりに

フナムシを食べているとたまに苦い個体がいました。

これは果たして個体差なのか食べていたものによる違いなのか・・・

 

ネイチューブのおすすめ動画はこちら↓


www.youtube.com

 

ヘビを食べたら大惨事に…

どうも!ネイチューブです!

 

女の子にモテる条件はおしゃれさとワイルドさの大きく2つに分けられることを知っていますでしょうか。

この2つは一見、正反対の条件のように見えますが、野生の蛇を捕まえておしゃれに料理をすれば、おしゃれさとワイルドさの2つを充足できることに気がついてしまいました。

おしゃれな男が好きな女の子とワイルドな男が好きな女の子両方にモテることができます。

ということで今回は蛇を捕まえていきます!

 

記事を動画で楽しみたい方はこちら↓


www.youtube.com

 

 

採取

田んぼで蛇を探していきます。

カエルってミミズ食べるんですね。

 

蛇とも4匹ほど遭遇しましたが・・・

全てに逃げられる。

蛇の危機察知力が高いこともありますが、何より僕がビビりまくってます。

毒がなかろうが噛まれるのは怖い・・・

※破傷風のリスクとかあるしね

 

恐怖からか僕のお尻も音を上げています。

 

蛇の捕食シーンに遭遇しました。

野生では初めて見たので少し感動しています。

こちらも捕食者になるべく蛇に手を伸ばします。

 

普通に逃げられました。

見てください、この腰の引け具合。

こうして写真で見返すと逃げられて当然ですね。

 

なんやかんやあってシマヘビを捕まえられました。

これは結構いいサイズでは??

食べ応えがありそうですね。

 

調理

冷凍庫で締めたら解凍していきます。

凍らせると目が白くなってかっこいいですね。

 

今回は中国の屋台にありそうな辛めの味付けにしていきます。

どのぐらいの辛さかわからないので、相方に青唐辛子と赤唐辛子を両方とも味見させてみました。

「両方辛い」

だそうです。

 

にんにく、生姜、唐辛子を刻んだら熱したごま油をかけていきます。

 

おいしいかわからないので相方に味見させます。

 

完食できない未来が見えたので甜麺醤や砂糖を加えて日本人用に調整していきます。

 

ここで再び相方に味見してもらいます。

 

さらに砂糖を追加していきます。

相方からのOKも出たところでようやく蛇を調理していきます。

 

蛇の内臓を取り出したら皮を剥いていきます。

これがまた気持ちいいんですよね。

 

綺麗に頭を残したまま皮を剥けました。

可愛い顔してますね。

 

骨まで美味しくいただくために弱火でじっくりと時間を掛けて揚げていきます。

 

実食

最後にタレをかけてあげれば完成です。

どう考えても唐辛子が多すぎました。

さっそくいただいていきます。

 

甘辛唐揚げみたいでおいしい!

噛むたびに揚げ物を噛んだ時のいい音が響きます。

蛇を食べるときはどうしても骨の硬さが気になっていましたが、今回はじっくり揚げたことで全く気にならずに美味しく食べられます。

蛇の調理としては大正解。

味と食感はとり手羽の骨の部分に近い・・?

というかそのものかもしれません。

 

とはいえ辛すぎたので後半はマヨネーズの力を借りて完食しました。

 

おわりに

中国の屋台で売られてたらめちゃくちゃ売れそうです。

あと多分女の子にはモテません。

 

ネイチューブのおすすめ動画はこちら↓


www.youtube.com


www.youtube.com

 

 

 

 

アメンボの名前の由来は飴の匂い!?アメンボを飴にして食べてみた!!

どうも!ネイチューブです!

 

皆さん、アメンボご存知ですよね?

アメンボって名前からもわかるように「飴」なんですよね。

ということで今回はアメンボを飴にして食べていきたいと思います!

 

記事を動画で楽しみたい方はこちら↓


www.youtube.com

 

 

採取

アメンボが大量にいる場所に来たはいいものの素早くてなかなか捕まえられない・・・

僕のスピードをアメンボの反射神経が完全に上回っています。

アメンボを食べる人が少ない最大の理由は「採取の難しさ」といえるかもしれません。

 

一生捕まえられる気がしないので作戦を変更します。

網を水中で構えておいて離れたところに石を投げ込み、網の上に逃げてきたアメンボを捉えるという寸法です。

 

作戦が功を奏して結構取れました。

2人の1食分のアメンボにしては十分ですね。

 

触れ合いタイム

アメンボはストロー状の口で体液を吸う肉食の昆虫です。

こちらが愛を持って接してもお構いなしに刺してくるので気をつけましょう。

 

こちらの記事↓で採取したカゲロウをあげてみました。

 

natubebug.com

 

観察していたら1匹のアメンボが水槽を脱出。

テレビ台の裏へと逃げていきました。

こいつら飛ぶんですね・・・

 

調理

実はアメンボで飴を作ろうとしたのは、ただの思いつきというわけではありません。

アメンボの名前の由来は「飴の匂い」がすることからきているようです。

にわかには信じがたい話ですが実際に試してみます。

ここで飴の匂いがしなければただの異物が混入した飴になるわけですが果たして・・・

 

くっさ・・・

いや、魚の匂いがする・・・

ちりめんじゃこの匂いが近いかも・・?

飴の匂いがすると思って嗅いだのに魚の匂いで脳が混乱します。

とにかく今回は魚の匂いがする飴ができそうです。

 

とりあえず茹でていきます。

 

一瞬排水溝に溜まった髪の毛に見えなくもありません。

茹でたのでもう一度匂いを嗅いでみます。

やっぱり魚・・・

魚の匂いがする飴が確定しました。

 

小学校の頃、理科の実験でやっていたようにベッコウ飴を作っていきます。

綺麗なベッコウ飴ができそうです。

 

ベッコウ飴が固まらないうちにアメンボをトッピングしていきます。

あとは冷蔵庫で冷やして固まれば完成です。

 

余ったアメンボを試食してみます。

味はめちゃめちゃワカメでした。

魚の匂いのするわかめ味の飴ができるということに・・・

 

実食

完全に映えています。

透明感のあるベッコウ飴と幾何学模様のようなアメンボがマッチしてまるで江戸切子のようなデザインですね。

お祭りで売っていてもおかしくありません。

子供も喜ぶこと間違いなしです。

 

気になるお味は・・・

ベッコウ飴とわかめが壊滅的に合わない。

気持ち悪い・・・

一言でまとめるなら「生臭い飴」です。

身体が拒絶しているのか身体中から変な汁が噴き出てきます。

世界一まずい飴として売り出せそうです。

 

おわりに

今回はアメンボは「飴」ではないということがわかりました。

アメンボが食べられない人でもベッコウ飴にわかめをトッピングしたら僕たちの気持ちが少しはわかるかもしれません。感想を心よりお待ちしております。

 

面白かったと思っていただけた方はぜひYouTubeもご覧ください。

 

ネイチューブのおすすめ動画はこちら↓


www.youtube.com

 

ジァイアントミルワームのおいしい食べ方!?視聴者から来た衝撃のコメント・・・

どうも!ネイチューブです!

 

YouTubeのコメントに衝撃のリクエストが送られてきました。

一般人から見たら狂っているとしか言いようのないリクエストですが、僕たちからしたら大変喜ばしいリクエストです。

ということで今回はジァイアントミルワームのおいしい食べ方を目指していきたいと思います。

 

記事を動画で楽しみたい方はこちら↓


www.youtube.com

 

開封

早速ジァイアントミルワームを購入してきました。

あまりにも安かったのでつい1kgも買ってしまった・・・

お値段なんと2000円/1kg

冷静に考えるとスーパーで売ってる鶏肉の方が全然安いですね。

 

開封していきます。

開けた瞬間に向上心のあるミルワームが出てきてビビりました。

 

噛んでくるのか気になったので相方の手に乗せてみました。

小さいけど鋭い牙を持っていますね。

 

箸で持つと噛みつこうとしているのか仰け反ってきます。

 

木クズは食べたくないのでザルで取り分けていきます。

 

ザルに入れて振るとめちゃくちゃ暴れます。

虫が苦手な方は注意してください。

 

さすがに1食で1kgのミルワームを食べきる自信はないので使わない分は冷凍しておきます。

 

調理

今回はこちらの材料でかりんとうにしていきます。

我ながらジァイアントミルワームの形状、大きさを活かした良いアイデアです。

 

まずはミルワームを揚げていきましょう。

めっちゃ跳ねるので気をつけてください。

ジァイアントミルワームは揚げるとピーナッツのような良い香りがします。

 

味見してみると・・・

口に入れた瞬間は濃厚なナッツのような味わいです。

後味はブルーチーズのような風味がします。

 

続いて黒糖、砂糖、醤油、水でかりんとうのタレ?を作っていきます。

 

タレにミルワームを混ぜると・・・

ミルワームの外殻がタレをはじく・・・

撥水性に優れているようです。

料理の際には厄介な特徴ですね。

 

途中で黒糖を追加したりしながら極限までタレの粘度を高めていきます。

 

味見してみると・・・

うま!!!

めちゃくちゃサクサクしていて食感が楽しいです。

ミルワームの味を残しつつ黒糖のコクのある甘さもほんのりと感じられて非常にいいバランスです。

味が共存しています。

※融合はしていません

 

このまま固めると一つの巨大なかりんとうになってしまうのでバラして固めていきます。

我が家の机は小さくて乗り切らないので必然的に床での作業です。

 

実食

冷えて固まったらいただきましょう。

回収作業がだるかったのでこのまま食べていきます。

 

味見の段階ではミルワームと黒糖がいいバランスだったのに、コーティングが剥がれてもはやジァイアントミルワームの素揚げです。

ミルワームの味しか感じられません。

 

量が多すぎるので友達にお裾分けをしたいと思います。

このままだと見た目がアレなので黒糖でミルワームをコーティングしてあげましょう。

この見た目ならミルワームが入っていることもバレません。

 

タッパーに入れても食べ物に見えないのは不思議です。

どちらかというと犬の散歩の副産物に見えてきますね。

 

ちなみに友達に渡したら速攻バレました。

 

 

ネイチューブのおすすめ動画はこちら↓


www.youtube.com


www.youtube.com