ネイチューブ

虫取りする小学生よりも虫食う大人の方が偉い

ゲジゲジが大量にいる洞窟に行ってみた

どうも!ネイチューブのSummerです!

 

ゲジゲジに苦手意識を持つ方は多いのではないでしょうか?

かくいう僕もゲジゲジの調理方法がわからず正直なところ苦手意識を持ってしまっています。

ということで今回はゲジゲジという食材へ苦手意識を持つ方へ向けて、ゲジゲジのレシピをご紹介できればと思います。

 

採取

ゲジゲジが大量にいるという洞窟へやってきました。

運動神経が悪いので洞窟に入るのも一苦労です。

 

思っていたより数は少ないけど洞窟の至る所にゲジゲジが潜んでいます。
あっしー(相方)がゲジゲジを見かけるたびに叫ぶのでイライラします。

直接触るのは流石に嫌なので箸で捕まえていきます。

日本人たるものやはり箸を使うべきです。

 

とても食材とは思えません。

 

あっしーにも捕まえさせましたが騒ぎすぎて酸欠寸前でした。

 

ぜひこのシーンは動画でお楽しみください↓


www.youtube.com

 

触れ合いタイム

ゲジゲジは柔らかそうに見えて結構硬いです。

ハードのワックスをつけた時の髪のような触り心地でしょうか。

 

調理

今回作るのはイカスミパスタです。

イカスミパスタをチョイスした理由は大きく2つ。

 

①木を隠すには森の中。イカスミパスタは人によってはゲテモノの部類なのでゲジゲジを隠すにはちょうど良さそう。

 

②食べたことないけどゲジゲジは海鮮系の味がしそうで相性良さそう。

 

この時は頑張ってイカからイカ墨を取り出そうとしていました。

本来イカスミパスタはイカ墨ペーストを使うということを後で知りました。

 

ゲジゲジに火を通すことを忘れてはいけません。

ニンニクと一緒にオリーブオイルで揚げ焼きにしていきます。

 

解凍されたゲジゲジからは青い液体が出てきました。

本体も火を通すと青くなっていきます。

本当に食べて大丈夫なのか・・・?

 

実食

ゲジゲジパスタという名のイカスミパスタになれなかった劣化版ペペロンチーノ(唐辛子抜き)が完成しました。

イカ墨が足りないことでゲジゲジが全く隠れていませんが、たまには自己主張も重要ということでよしとしましょう。

 

まずはパスタのみを食べてみましたがイカの旨味は全くありません。

ただのニンニクパスタです。

 

気になるゲジゲジの味はというとインクの味です。

便所にいそうな味をしています。

墨汁や石の味にも似ています。

鉱物チックな味です。

ゲジゲジの体液の色から考えるに銅由来の味では・・・?

わかりづらいですが背中側が青くなっています。

おそらくこの青い肉がマズい。

お腹側の肉だけを集めればおいしく食べられる可能性もありますね。

 

おわりに

ゲジゲジは食材ではないということがわかりました。

少なくとも1年くらいは食べたくありません。

 

 

ネイチューブのおすすめ動画はこちら↓


www.youtube.com