ネイチューブ

虫取りする小学生よりも虫食う大人の方が偉い

究極のペペロンチーノ!?セミロンチーノを作ってみた!!【昆虫食】

どうも!ネイチューブです!

 

皆さんはペペロンチーノを作ったことはありますでしょうか。

ペペロンチーノは料理人界隈ではシンプルだからこそ難しいともされており、料理スキルを誇示したい料理人がインターネット上に様々なペペロンチーノのレシピを公開しています。

ということで今回は僕たちもとある食材を加えて至高のペペロンチーノを作りに挑戦してみたいと思います。

 

記事を動画で楽しみたい方はこちら↓


www.youtube.com

 

調理

ペペロンチーノの基本的な食材はパスタ、ニンニク、唐辛子といったところですが、これではタンパク質が不足してしまいます。

そこで追加するのがセミです。

セミはタンパク質が取れるだけでなく、夏であれば無限に無料で取れるので家計に優しい魅力的な食材です。

ぜひ皆さんも好き嫌いせず活用してみてください。※自己責任でお願いします

 

解凍を兼ねてレンチンすると豆のような、エビのような、土のような香りが漂ってきます。

1つの食材から複数の匂いを感じることができるなんてなんだがお得ですね。

 

ただでさえセミは個体によって土臭さが口内で爆発するリスクがありますが、今回使うセミは冷凍庫で半年ほど保存しておいたものなので劣化による悪臭も気になるところです。

いつもよりもニンニクは多めに入れておくことをおすすめします。

セミは昆虫食の中でも味がかなり濃い部類で、ニンニクを多少多めに入れたところでセミの味は消えないのでご安心ください。

 

多めのオリーブオイルにニンニク、唐辛子、セミを入れて弱火でじっくりと火を通していきます。

これによってオリーブオイルにセミの香りを移し、よりセミ本来の味を堪能できるようになるはずです。

 

パスタの茹で汁を追加して乳化させることも忘れません。

正直この乳化にどんな意味があるのかはよくわかっていませんが、なんか料理できる感があるのでやっておきます。

 

いい感じ?になってきました。

鼻を突き刺すような唐辛子の辛い香りがしました。

どうやら唐辛子を入れ過ぎたようです。

 

最後にパスタと絡ませていきます。

 

実食

セミロンチーノの完成です。

 

まずは相方に食べさせてみます。

ちなみに僕の方にあるのは普通のカルボナーラです。

 

どうやら異臭を放っている模様。

口に運ぶ前から大地の香りを楽しめるようです。

噛んだ瞬間にはそれまで放っていた大地の香りが霞むほどの土臭さが爆発するそうです。

あとめっちゃ辛いらしい・・・

 

先に食べさせて正解でした。

僕も心の準備ができたところでいただいてみます。

辛っ!!!!!!

セミは個体差によるものか全く土臭さはなくエビのような旨味を感じられましたが、そんなことよりとにかく辛い。

セミが唐辛子の辛さが移ったオリーブオイルを吸収していて、噛んだ瞬間に激辛オイルが口の中にまとわりつきます。

 

おわりに

ペペロンチーノを作る際には唐辛子の入れ過ぎに注意しましょう。

 

ネイチューブのおすすめ動画はこちら↓


www.youtube.com


www.youtube.com


www.youtube.com